私のやり方

為替相場は材料がなければレンジで推移する時間がとても長いので、私は動かない時間も無駄にしないようにスキャルピングで細かく利ざやを拾っていく取引方法をするようになりました。流れに乗って大きな値幅を掴むこともFXでは魅力的なものの、チャンスの頻度的にはそう多くないということが体感的にわかってきたこともあり、レンジ相場を制することができれば利益は倍以上取れることに気がついたのです。パターンを判別できればレンジ内の動きは似たようなものだから、取引のチャンスを逃さずに勝ちトレードを重ねていけるようになってきました。


ハイローオーストラリアは信頼できる海外業者なのか?

ssdf7743743 海外業者を選ぶリスクとは?

2013年の規制強化以降、日本国内でのバイナリーオプション取引には多くの制限がかけられ、自由な取引が行えなくなりました。
これによって数多くのバイナリーオプション投資家達が国内業者を離れ、海外業者を選択するようになっています。

しかしながら、海外業者についてはそのセキュリティや資産管理運用の安全度等にリスクを感じる人も多く、海外業者への完全な移行を躊躇している投資家も少なくありません。入出金の手続きが煩雑であったり、時間がかかるというような「コストと手間」の問題も海外業者には付き物とすら言われています。

そのような海外業者へのユーザーの不安を解消すべく、『ハイローオーストラリア』は拠点とするオーストラリア本国の金融局からの認可を受け、信頼度を高めることに成功しました。更にオーストラリア証券投資委員会からの認可も取るという真摯な対応で、多数の投資家達から支持を受けています。

国内・海外を問わず、認可を受けているか否かという点は日本ユーザー側が業者を選ぶ上で非常に重要な点となりますが、認可を受けるためには業者側が膨大な時間と手間を費やすことになります。そのためユーザー側の信頼を獲得するためにそれらを厭わずに対応した『ハイローオーストラリア』の対処と、当局の認可を得た信頼度の高さが投資家達から選ばれる理由の一つとなったのです。

また万一の際のユーザーの資産を守るという点についても『ハイローオーストラリア』は万全の体制を整えています。例えば資産運用の際に最も気になる点である「賠償金」などの問題を解消すべく、世界的に有名な組合である「ロイズ保険組合」に加入。最悪のケースとして『ハイローオーストラリア』が倒産、もしくはそれに準じた経営困難な状況に陥っても、組合によってユーザー側の資産は確保されるというわけです。ユーザー達の大切な資産を安全に運用することを第一に考えた、誠実な対応と言えるでしょう。


「金融局認可」を受けた海外業者は何故貴重なのか?

日本国内に限定して考えた場合、業者の信用度という点は「金融庁の認可が降りているか否か」に集約されます。これはバイナリーオプションに限った話ではなく「非認可の業者=リスクが高い」というのが日本投資家達の共通認識ともなっているのです。しかしながらこの考えは世界的に見ると「ローカルルール」とすら言えるものであり、世界標準的に見た「常識」とはなっていません。

海外の目で見ると「バイナリーオプション」というのはオンラインカジノと同等と言った認識であり、そのため運営業者側に認可を取る義務を持たせた国家は殆ど無いのです。

カジノ業者が一緒にバイナリーオプションも行っているということは海外では珍しくありませんし、取引内容についてもカジノと同等程度ということで規制は殆ど行われていないというのが現状。

ですから海外で取引運営を行うにあたって、わざわざ「認可」を得ようとする業者はまず居ません。認可を得る手間と時間をかけ、同時に認可を得られるほどのクリーンな経営を常に保ち続ける業者の存在は非常に貴重なものとなっています。