私のやり方

為替相場は材料がなければレンジで推移する時間がとても長いので、私は動かない時間も無駄にしないようにスキャルピングで細かく利ざやを拾っていく取引方法をするようになりました。流れに乗って大きな値幅を掴むこともFXでは魅力的なものの、チャンスの頻度的にはそう多くないということが体感的にわかってきたこともあり、レンジ相場を制することができれば利益は倍以上取れることに気がついたのです。パターンを判別できればレンジ内の動きは似たようなものだから、取引のチャンスを逃さずに勝ちトレードを重ねていけるようになってきました。


ハイローオーストラリアでリターンを掴む方法とは

sdf6743h743 投資業界の中でも最近人気が高まっているのが「バイナリーオプション取引」。シンプルなルールと多様な取引方法が投資家達から好まれていますが、特に多数の投資家達から選ばれている業者が『ハイローオーストラリア」です。その人気の理由の筆頭としては、「常時2倍」という高い設定が保持されたペイアウトのパーセンテージが挙げられるでしょう。またオンデマンド取引サービス等の革新的な技術も取り入れるなど、新たな取組に邁進する姿勢が好評を得ています。

上記のように多彩な魅力を持つ業者『ハイローオーストラリア』ですが、ユーザーの中には収益をなかなか上げられないと言う人もいるようです。その理由は個人で差もあるでしょうし、もちろん一概には言えません。しかし、『ハイローオーストラリア』オリジナルのルールである「レンジ外」の存在が影響を及ぼしている可能性も考えられます。

スタンダードな「ハイ・ロー」取引では、設定時間内のレートのアップ/ダウンを予測します。これが「スプレッド・ハイ・ロー」となると、アップ/ダウンのみの予測ではなく、「レンジ外」という条件が付加されるのです。例えアップ/ダウン予測が的中していても、設定されたレンジ外では「予想が当たった」とはされません。そのため通常の「ハイ・ロー」に比べると少々難易度が上がるのですが、その分「常時2倍」という高いペイアウト率が用意されています。大きなリターンを狙うのであれば「レンジ」をいかに予測するかという点が鍵を握るのです。

出所 : ハイローオーストラリア.tokyo

■相場の特徴を掴んで、「レンジ」を攻略しよう!

オリジナルルールである「レンジ」で勝ちを得るには「相場の特徴」を確実に掴んでおく必要があります。相場の特徴を知って、できるだけ詳細に予測することさえできればレンジ外を避けることも難しくありません。

まずは取引で最も知っておくべき2つの相場の特徴を抑えましょう。一つは「レンジ相場」、もう一つが「トレンド相場」です。「レンジ相場」とは、レンジ(幅)という名前の通り、一定の幅の中で微妙にアップ/ダウンを続ける相場のこと。「トレンド相場」はレンジ相場とは異なり、仔細なアップ/ダウンを繰り返しつつも、長期的に見るとアップ/ダウンのいずれかに向かって動いている相場を意味します。

「レンジ相場」の場合、原則として大きな動向は見られません。よって「レンジ外」に相場がタッチする確率は非常に高く、スプレッド・ハイ・ローで勝ちを得るにはあまり向いていない相場と言えます。反対に「トレンド相場」はどうでしょうか?一定の動きを見せるトレンド相場はレンジ外に辿り着く可能性は低く、リターンを得られる確率もアップするというわけです。

トレンド相場を確実に抑えるためには、為替が動く時間帯という点もポイントとなります。取引対象となる外国為替相場は、それを定める市場が世界中に点在しており、なおかつ其々が現地時刻によって定められた時間内に営業がを行っています。よって世界中の為替レートは時刻を限定されず、常に休むこと無く動き続けているのです。

中でも重要とされる市場は東京、ロンドン、そしてニューヨークの三つ。東京以外の2つは取引時刻に重複する期間が多く、その間に取引が行われる量は圧倒的な増加傾向を見せます。故にこの時刻は相場の動向が或る一定の方向へと流れやすいという特徴を持つのです。つまり、「トレンド相場が起こりやすい時間帯」と言えるでしょう。